生産管理を行い効率化を図る

工場で生産される各種製品は、1人の職人が全ての工程を作成するケースは稀であって、多くは工程を分割したライン作業が行われています。ライン管理の業務は作業員として生産に入る場合は少人数の管理を行い、作業員としてライン作業を行わない場合には複数のラインを管理しなければなりません。そして、予定している生産ペースに到達しない原因がどこにあるのか、分割された各作業工程を細かくチェックして遅れの原因を冷静に判断して改善計画を立てます。ライン作業では1箇所の作業量が多くなりすぎると、前後の人員は暇しているにも関わらず1人だけが忙しいという状況となりやすいです。そこで、ライン管理者が作業工程配分を見直して各ライン作業員の仕事量を均一化することで生産の遅れを解消します。

不良品トラブルを防ぐ品質管理業務もある

ライン作業は、細かく作業工程を分割して各作業員が無理なく生産できる状態にすることが望ましいです。特定の作業員に負荷がかかりすぎると、作業が間に合わずに雑になって不良品を生み出す原因となりかねません。また、納入された部品に欠陥や不具合が発生している場合もあるので、ライン作業で使われている部品の品質管理も検査工程がしっかり行われているか確認する必要があります。ライン管理の業務内容には、不良品を顧客へ納品する前に品質管理をしっかり確保するといった業務もあるわけです。 ライン管理の求人には、生産管理と品質管理のどちらに比重を置いたライン管理者を求めているのか記載されています。明確に担当を分けている会社だけでなく、兼任している工場もあるので、求人へ応募する前にしっかり確認しましょう。