ハードルが低い単純作業がメイン

工場での仕事は、ベルトコンベアに流れてくる商品に対して、何らかの作業をひたすら繰り返すというイメージを持っている人も多いでしょう。製造ラインの仕事がまさしくそれで、機械部品や食品、医療品など数多くの分野で必要とされます。基本的には、大量生産を機械が自動的に行い、その機械では賄いきれない部分をサポートする仕事です。具体的な仕事内容は分野によって異なりますが、大抵が専門的な知識や技術を必要としない単純作業です。機械に小さな部品をひとつだけ取り付けたり、お弁当容器の決まった部分に同じ具材を入れていったりします。中には、仕上がった商品に異常がないかを目や手触りで確認する検品作業、完成した商品パッケージにシールを貼り付けていく作業などもあります。

スピーディかつ正確な作業が求められる

製造ラインの仕事では基本的に、ベルトコンベアは止まってくれません。常に稼働し続けていて、作業をするスタッフがその流れに合わせる必要があります。そして、作業が失敗すると、ベルトコンベアをストップさせなければならないこともあるため、ラインの流れに遅れないスピードと、失敗しない正確さが求められます。もちろん新しい作業を始めた段階で、スピードと正確さを両立するのは難しいです。けれど、早い段階で慣れて、安定した作業ができるようになると、工場から重宝される人材になれるでしょう。また、製造ラインでは長時間同じ作業を繰り返すことになるので、集中力が欠かせません。単純作業が特に苦にならなかったり、作業をしている間は無心になれたりする人に向いています。